ヘブライ語旧約聖書翻訳研究

ヘブライ語と英語のインターリニア旧約聖書を日本語訳にしています。

ヨハネの黙示録16章 翻訳途中

ヨハネの黙示録16章

そして、私は、神殿から大きな声が七人の天使達にこう言うのを聞いた。
「さあ、行きなさい!神の怒りの鉢を地上に注ぎ出しなさい!」
1 また、私は、大きな声が聖所から出て、七人の御使いに言うのを聞いた。
「行って、神の激しい怒りの七つの鉢を、地に向けてぶちまけよ。」

そして、最初の御使いは行って、自分の鉢を地に注いだ。 
そして、獣の刻印を持った人々とその像を崇拝していた人々の上に、不快でひどい腫れ物ができた。
2 そこで、第一の御使いが出て行き、鉢を地に向けてぶちまけた。すると、獣の刻印を受けている人々と、獣の像を拝む人々に、ひどい悪性のはれものができた。

そして、第二の御使いは鉢を海に注いだ。 
そして、それは死んだ人間の血のようになり、生きている魂はすべて海で死んだ。
3 第二の御使いが鉢を海にぶちまけた。すると、海は死者の血のような血になった。海の中のいのちのあるものは、みな死んだ。

そして、第三の御使いは、その鉢を川と水の泉に注いだ。 
そして、それらは血になった。 
4 第三の御使いが鉢を川と水の源とにぶちまけた。すると、それらは血になった。


そして、私は、水の御使いがこう言うのを聞いた。
「あなたは正しいお方です。おお主よ!これは主がなさったことであり、無に帰すことであり、そして、聖なる方になることです。なぜなら、あなたがそう裁きをなさったからです。
And I heard the angel of the waters say Thou art righteous O Lord which art and wast and shalt be because thou hast judged thus
5 また私は、水をつかさどる御使いがこう言うのを聞いた。
「今いまし、昔います聖なる方。あなたは正しい方です。なぜならあなたは、このようなさばきをなさったからです。

彼らは聖徒達や預言者達の血を流しましたが、あなたは彼らにその血を飲ませました。彼らはそうされるのにふさわしい者達だからです。 
6 彼らは聖徒達や預言者達の血を流しましたが、あなたは、その血を彼らに飲ませました。彼らは、そうされるにふさわしい者達です。」


そして、私は、祭壇から別のものがこう言うのを聞いた。
「それでも、全能の神、主よ!あなたの裁きは真実であり、義です。」
そして私は祭壇から別の者が「それでも全能の神である主は真実である」と言うのを聞いた。 そしてあなたの判断は正しいです
And I heard another out of the altar say Even so Lord God Almighty true. and righteous are thy judgments
7 また私は、祭壇がこう言うのを聞いた。
「しかり。主よ。万物の支配者である神よ。あなたのさばきは真実な、正しいさばきです。」

そして、第四の御使いはその鉢を太陽に注いだ。 
そして、人間を火で焼き尽くす力が太陽に与えられた。 
8 第四の御使いが鉢を太陽に向けてぶちまけた。すると、太陽は火で人々を焼くことを許された。

そして、人々は激しい熱に焼かれ、これらの災いを治める力を持つ神の御名を冒涜し、神に栄光を帰さなかったことを悔い改めなかった。
そして人々は激しい熱で焦がされ、これらの疫病を克服する力を持つ神の御名を冒涜し、神に栄光を帰さなかったことを悔い改めなかった。
And men were scorched with great heat and blasphemed the name of God which hath power over these plagues and they repented not to give him glory
9 こうして、人々は激しい炎熱によって焼かれた。しかも、彼らは、これらの災害を支配する権威を持つ神の御名に対してけがしごとを言い、悔い改めて神をあがめることをしなかった。

そして、第五の御使いは自分の鉢を獣の座に注いだ。 
そして、彼の王国は暗闇に満ちた。 
そして、彼らは痛みのたせいで舌をかんだ。 
10 第五の御使いが鉢を獣の座にぶちまけた。すると、獣の国は暗くなり、人々は苦しみのあまり舌をかんだ。

そして、痛みとただれのゆえに天の神を冒涜し、自分達の行いを悔い改めなかった。
11 そして、その苦しみと、はれものとのゆえに、天の神に対してけがしごとを言い、自分の行いを悔い改めようとしなかった。

そして、第六の御使いはその鉢を大河ユーフラテスに注いだ。 
そして、その水は枯れてしまい、東の王達の道が整えられた。
12 第六の御使いが鉢を大ユーフラテス川にぶちまけた。すると、水は、日の出るほうから来る王達に道を備えるために、かれてしまった。

そして、私は、カエルのような汚れた霊が三つ、竜の口、獣の口、偽預言者の口から出て来るのを見た。 
13 また、私は竜の口と、獣の口と、にせ預言者の口とから、かえるのような汚れた霊どもが三つ出て来るのを見た。

彼らは悪魔の霊であり、奇跡を起こし、地上と全世界の王達のところへ行く。
全能の神の大いなる日の戦いに彼らを集めるためである。 
14 彼らはしるしを行う悪霊どもの霊である。彼らは全世界の王達のところに出て行く。万物の支配者である神の大いなる日の戦いに備えて、彼らを集めるためである。

―見よ!わたしは盗人として来た。裸で歩いたり、恥を見られたりしないように、監視し、衣服を守る人は幸いである。― 
15 —見よ。わたしは盗人のように来る。目をさまして、身に着物を着け、裸で歩く恥を人に見られないようにする者は幸いである—

そして、彼は彼らを集めて、ヘブライ語でハルマゲドンと呼ばれる場所に集めた。
16 こうして彼らは、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる所に王達を集めた。

そして、第七の御使いは自分の鉢を空中に注いだ。 
すると、天の神殿、玉座から大きな声が聞こえてきて、「終わった。」と言った。 
17 第七の御使いが鉢を空中にぶちまけた。すると、大きな声が御座を出て、聖所の中から出て来て、「事は成就した」と言った。

すると、声が聞こえ、雷が鳴り、稲妻がとどろいた。 
そして、人間が地球上に存在して以来、これほど強力な、そして、非常に大きな地震が発生した。
18 すると、いなずまと声と雷鳴があり、大きな地震があった。この地震は人間が地上に住んで以来、かつてなかったほどのもので、それほどに大きな、強い地震であった。


そして、大都市は三つの部分に分かれ、諸国民の都市は崩壊した。
そして、大バビロンは、神の怒りの激しさを表すぶどう酒の杯を彼女に与えるために、記念として神の前に来た。 
そして、大都市は三つの部分に分けられ、諸国民の都市は崩壊し、大いなるバビロンは記念として神の御前に来て、神の怒りの激しさを表すワインの杯を彼女に与えた。
And the great city was divided into three parts and the cities of the nations fell and great Babylon came in remembrance before God to give unto her the cup of the wine of the fierceness of his wrath
19 また、あの大きな都は三つに裂かれ、諸国の民の町々は倒れた。そして、大バビロンは、神の前に覚えられて、神の激しい怒りのぶどう酒の杯を与えられた。

そして、すべての島は逃げ出し、山々は見つからなかった。 
20 島はすべて逃げ去り、山々は見えなくなった。

すると、天から大きな雹が人々の上に降った。
すべての雹は一タラントほどの重さだった。
人々は雹の災いのゆえに神を冒涜した。 
その災害が非常に大きかったからである。
21 また、一タラントほどの大きな雹が、人々の上に天から降って来た。人々は、この雹の災害のため、神にけがしごとを言った。その災害が非常に激しかったからである。


1 また、私は、大きな声が聖所から出て、七人の御使いに言うのを聞いた。「行って、神の激しい怒りの七つの鉢を、地に向けてぶちまけよ。」
2 そこで、第一の御使いが出て行き、鉢を地に向けてぶちまけた。すると、獣の刻印を受けている人々と、獣の像を拝む人々に、ひどい悪性のはれものができた。
3 第二の御使いが鉢を海にぶちまけた。すると、海は死者の血のような血になった。海の中のいのちのあるものは、みな死んだ。
4 第三の御使いが鉢を川と水の源とにぶちまけた。すると、それらは血になった。
5 また私は、水をつかさどる御使いがこう言うのを聞いた。「今いまし、昔います聖なる方。あなたは正しい方です。なぜならあなたは、このようなさばきをなさったからです。
6 彼らは聖徒達や預言者達の血を流しましたが、あなたは、その血を彼らに飲ませました。彼らは、そうされるにふさわしい者達です。」
7 また私は、祭壇がこう言うのを聞いた。「しかり。主よ。万物の支配者である神よ。あなたのさばきは真実な、正しいさばきです。」
8 第四の御使いが鉢を太陽に向けてぶちまけた。すると、太陽は火で人々を焼くことを許された。
9 こうして、人々は激しい炎熱によって焼かれた。しかも、彼らは、これらの災害を支配する権威を持つ神の御名に対してけがしごとを言い、悔い改めて神をあがめることをしなかった。
10 第五の御使いが鉢を獣の座にぶちまけた。すると、獣の国は暗くなり、人々は苦しみのあまり舌をかんだ。
11 そして、その苦しみと、はれものとのゆえに、天の神に対してけがしごとを言い、自分の行いを悔い改めようとしなかった。
12 第六の御使いが鉢を大ユーフラテス川にぶちまけた。すると、水は、日の出るほうから来る王達に道を備えるために、かれてしまった。
13 また、私は竜の口と、獣の口と、にせ預言者の口とから、かえるのような汚れた霊どもが三つ出て来るのを見た。
14 彼らはしるしを行う悪霊どもの霊である。彼らは全世界の王達のところに出て行く。万物の支配者である神の大いなる日の戦いに備えて、彼らを集めるためである。
15 —見よ。わたしは盗人のように来る。目をさまして、身に着物を着け、裸で歩く恥を人に見られないようにする者は幸いである—
16 こうして彼らは、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる所に王達を集めた。
17 第七の御使いが鉢を空中にぶちまけた。すると、大きな声が御座を出て、聖所の中から出て来て、「事は成就した」と言った。
18 すると、いなずまと声と雷鳴があり、大きな地震があった。この地震は人間が地上に住んで以来、かつてなかったほどのもので、それほどに大きな、強い地震であった。
19 また、あの大きな都は三つに裂かれ、諸国の民の町々は倒れた。そして、大バビロンは、神の前に覚えられて、神の激しい怒りのぶどう酒の杯を与えられた。
20 島はすべて逃げ去り、山々は見えなくなった。
21 また、一タラントほどの大きな雹が、人々の上に天から降って来た。人々は、この雹の災害のため、神にけがしごとを言った。その災害が非常に激しかったからである。

1And I heard a great voice out of the temple saying to the seven angels, Go your ways, and pour out the vials of the wrath of God upon the earth.
2And the first went, and poured out his vial upon the earth; and there fell a noisome and grievous sore upon the men which had the mark of the beast, and [upon] them which worshipped his image.
3And the second angel poured out his vial upon the sea; and it became as the blood of a dead [man]: and every living soul died in the sea.
4And the third angel poured out his vial upon the rivers and fountains of waters; and they became blood. 5And I heard the angel of the waters say, Thou art righteous, O Lord, which art {5625;3801"0>, and wast {5625;3801"0>, and shalt be {5625;3801>, because thou hast judged thus. 6For they have shed the blood of saints and prophets, and thou hast given them blood to drink; for they are worthy. 7And I heard another out of the altar say, Even so, Lord God Almighty, TRUE and righteous [are] thy judgments.
8And the fourth angel poured out his vial upon the sun; and power was given unto him to scorch men with fire. 9And men were scorched with great heat, and blasphemed the name of God, which hath power over these plagues: and they repented not to give him glory.
10And the fifth angel poured out his vial upon the seat of the beast; and his kingdom was full of darkness; and they gnawed their tongues for pain, 11And blasphemed the God of heaven because of their pains and their sores, and repented not of their deeds.
12And the sixth angel poured out his vial upon the great river Euphrates; and the water thereof was dried up, that the way of the kings of the east might be prepared.
13And I saw three unclean spirits like frogs [come] out of the mouth of the dragon, and out of the mouth of the beast, and out of the mouth of the FALSE prophet. 14For they are the spirits of devils, working miracles, [which] go forth {5625;3739"1607:5736} unto the kings of the earth and of the whole world, to gather them to the battle of that great day of God Almighty. 15Behold, I come as a thief. Blessed [is] he that watcheth, and keepeth his garments, lest he walk naked, and they see his shame. 16And he gathered them together into a place called in the Hebrew tongue Armageddon.
The Seventh Bowl of Wrath
17And the seventh angel poured out his vial into the air; and there came a great voice out of the temple of heaven, from the throne, saying, It is done. 18And there were voices, and thunders, and lightnings; and there was a great earthquake, such as was not since men were upon the earth, so mighty an earthquake, [and] so great. 19And the great city was divided into three parts, and the cities of the nations fell: and great Babylon came in remembrance before God, to give unto her the cup of the wine of the fierceness of his wrath. 20And every island fled away, and the mountains were not found. 21And there fell upon men a great hail out of heaven, [every stone] about the weight of a talent: and men blasphemed God because of the plague of the hail; for the plague thereof was exceeding great.

ヨハネの黙示録15章 翻訳途中

ヨハネの黙示録15章

そして、私は天に、偉大で驚くべきもう一つのしるしを見た。
七人の天使が最後の七つの災いを持っている。 
なぜなら、それらの中には神の怒りが満ちているからです。
1 また私は、天にもう一つ巨大な驚くべきしるしを見た。七人の御使いが、最後の七つの災害を携えていた。神の激しい怒りはここに窮まるのである。

そして、私は、それが火と混ざり合ったガラスの海のように見えました。
そして、獣に対して、その像に対して、彼の刻印に対して、そして、彼の名前の数に対して勝利を収めた神のいくつもの立琴を持つ者達が、そのガラスの海の上に立っています。 
And I saw as it were a sea of glass mingled with fire and them that had gotten the victory over the beast and over his image and over his mark and over the number of his name stand on the sea of glass having the harps of God
2 私は、火の混じった、ガラスの海のようなものを見た。獣と、その像と、その名を示す数字とに打ち勝った人々が、神の立琴を手にして、このガラスの海のほとりに立っていた。

そして、彼らは神の僕モーセの歌と小羊の歌を歌って、こう言っています。
「全能の神、主よ!あなたの行いは偉大で、すばらしいです。
あなたのやり方は正しくて真実です。あなたはもろもろの民{聖徒達}の王です。
And they sing the song of Moses the servant of God and the song of the Lamb saying Great and marvellous are thy works Lord God Almighty just and true. are thy ways thou King of saints
3 彼らは、神のしもべモーセの歌と小羊の歌とを歌って言った。「あなたのみわざは偉大であり、驚くべきものです。主よ。万物の支配者である神よ。あなたの道は正しく、真実です。もろもろの民の王よ。

主よ、あなたを畏敬せず、あなたの御名を讃えない者がいるでしょうか。 
あなただけが聖であるからです。
すべての国々が来てあなたの御前に礼拝するからです。 
なぜなら、あなたのいくつもの正しい行いが明らかにされたからです。」
4 主よ。だれかあなたを恐れず、御名をほめたたえない者があるでしょうか。ただあなただけが、聖なる方です。すべての国々の民は来て、あなたの御前にひれ伏します。あなたの正しいさばきが、明らかにされたからです。」

その後、私が見ていると、見よ!天にある証の幕屋の神殿が開かれた。 
5 その後、また私は見た。天にある、あかしの幕屋の聖所が開いた。

そして、七人の天使が七つの災いを抱えて神殿から出て来て、純白の亜麻布を着て、胸を金の帯で締めた。
6 そしてその聖所から、七つの災害を携えた七人の御使いたちが出て来た。彼らは、きよい光り輝く亜麻布を着て、胸には金の帯を締めていた。

そして、四匹の獣のうちの一匹は、永遠に生きておられる神の怒りが詰まった七つの黄金の鉢を七人の天使に与えた。 
And one of the four beasts gave unto the seven angels seven golden vials full of the wrath of God who liveth for ever and ever
7 また、四つの生き物の一つが、永遠に生きておられる神の御怒りの満ちた七つの金の鉢を、七人の御使いに渡した。

神殿は神の栄光と神の力から出る煙で満たされた。 
そして、七人の天使による七つの災いが終わるまで、誰も神殿に入ることができなかった。
8 聖所は神の栄光と神の大能から立ち上る煙で満たされ、七人の御使いたちの七つの災害が終わるまでは、だれもその聖所に、入ることができなかった。


1 また私は、天にもう一つ巨大な驚くべきしるしを見た。七人の御使いが、最後の七つの災害を携えていた。神の激しい怒りはここに窮まるのである。
2 私は、火の混じった、ガラスの海のようなものを見た。獣と、その像と、その名を示す数字とに打ち勝った人々が、神の立琴を手にして、このガラスの海のほとりに立っていた。
3 彼らは、神のしもべモーセの歌と小羊の歌とを歌って言った。「あなたのみわざは偉大であり、驚くべきものです。主よ。万物の支配者である神よ。あなたの道は正しく、真実です。もろもろの民の王よ。
4 主よ。だれかあなたを恐れず、御名をほめたたえない者があるでしょうか。ただあなただけが、聖なる方です。すべての国々の民は来て、あなたの御前にひれ伏します。あなたの正しいさばきが、明らかにされたからです。」
5 その後、また私は見た。天にある、あかしの幕屋の聖所が開いた。
6 そしてその聖所から、七つの災害を携えた七人の御使いたちが出て来た。彼らは、きよい光り輝く亜麻布を着て、胸には金の帯を締めていた。
7 また、四つの生き物の一つが、永遠に生きておられる神の御怒りの満ちた七つの金の鉢を、七人の御使いに渡した。
8 聖所は神の栄光と神の大能から立ち上る煙で満たされ、七人の御使いたちの七つの災害が終わるまでは、だれもその聖所に、入ることができなかった。

1And I saw another sign in heaven, great and marvellous, seven angels having the seven last plagues; for in them is filled up the wrath of God.
2And I saw as it were a sea of glass mingled with fire: and them that had gotten the victory over the beast, and over his image, and over his mark, [and] over the number of his name, stand on the sea of glass, having the harps of God.
3And they sing the song of Moses the servant of God, and the song of the Lamb, saying, Great and marvellous [are] thy works, Lord God Almighty; just and TRUE [are] thy ways, thou King of saints.
4Who shall not fear thee, O Lord, and glorify thy name? for [thou] only [art] holy: for all nations shall come and worship before thee; for thy judgments are made manifest.
5And after that I looked, and, behold, the temple of the tabernacle of the testimony in heaven was opened: 
6And the seven angels came out of the temple, having the seven plagues, clothed in pure and white linen, and having their breasts girded with golden girdles. 
7And one of the four beasts gave unto the seven angels seven golden vials full of the wrath of God, who liveth for ever and ever. 
8And the temple was filled with smoke from the glory of God, and from his power; and no man was able to enter into the temple, till the seven plagues of the seven angels were fulfilled.

歴代誌第一29章12節

歴代誌第一29章12節

 

そして、富も栄誉もあなたから出ています。
そして、あなたはすべてを統治しておられます。
そして、あなたの手には力と権力があります。
そして、あなたの御手の中で、それは偉大なものを熱心に作り、
すべてに力を熱心に与えることができます。

 

そして、富も栄誉もあなたから出ています。
そして、あなたはすべてを統治しておられます。{カル態}
そして、あなたの手には力と権力があります。
そして、あなたの御手の中で、それは偉大なものを熱心に作り{ピエル態}、すべてに力を熱心に与えることができます。{ピエル態}
{強さ、力:勇気 (1)、力 (26)、強大 (1)、強大な行為 (3)、強大な行為 (4)、強大な者たち (1)、強大な強さ (1)、力 (9)、強さ (13)、強い (1)、勝利(1)}
富も名誉もあなたから生まれ、あなたはすべてを支配し、あなたの手には力と力があり、あなたの手には偉大なものを作り、すべての人に力を与えることができます。
Both riches and honour come of thee and thou reignest over all and in thine hand is power and might and in thine hand it is to make great and to give strength unto all
12 富と誉れは御前から出ます。あなたはすべてのものの支配者であられ、御手には勢いと力があり、あなたの御手によって、すべてが偉大にされ、力づけられるのです。

歴代誌第一29章10節

歴代誌第一29章10節

 

そこで、ダビデは全会衆の前で主を熱心に祝福しました。
そして、ダビデは言いました。
「私達の父イスラエルの神、主よ!世々限りなくあなたに祝福を受けられますように!」

 

そこで、ダビデは全会衆の前で主{YHWH}を熱心に祝福しました。{ピエル態未完了形}
そして、ダビデは言いました。{カル態未完了形}
「私達の父イスラエルの神、主{YHWH}よ!世々限りなくあなたに祝福を受けられますように!」{カル態受身形}
そこでダビデは全会衆の前で主を祝福し、ダビデは言った。
イスラエルの神、主よ、世々限りなく祝福されますように!」
Wherefore David blessed the LORD before all the congregation and David said Blessed be thou LORD God of Israel our father for ever and ever
10 ダビデは全集団の目の前で主をほめたたえた。ダビデは言いました。
「私達の父イスラエルの神、主よ。あなたはとこしえからとこしえまでほむべきかな。

歴代誌第一29章5節 ☆

歴代誌第一29章5節 ☆

 

金の物には金を、銀の物には銀を、またあらゆる種類の細工は職人の手によって行われる。
それでは、今日、喜んで自分自身を主に熱心に聖別する者は誰だろうか?」☆

 

金の物には金を、銀の物には銀を、またあらゆる種類の細工は職人の手によって行われる。
それでは、今日、喜んで自分自身を主{YHWH}に熱心に聖別する{奉献する:ピエル態}者は誰だろうか?」☆{ヒトパエル態}
金の物には金を、銀の物には銀を、そして職人の手によって作られるあらゆる種類の仕事を、そして今日、主への奉仕を喜んで聖別する者は誰でしょうか。
{いっぱいになる、満たされる:完了 (1)、声を出す (1)、準備完了 (1)、満員になる (1)、完了 (1)、来る (1)、完了 (3)、完了 (9)、完了 (1)、確認 (1) )、聖別* (3)、聖別* (4)、覆われた(1)、捧げる(1)、びしょぬれ(1)、引き分け(1)、終了(1)、寄付(1)、期限切れ(1)、フィル (38)、満たされた (78)、満たされた (5)、満たされた (1)、完了した (1)、満たされた (6)、満たされた (10)、満たされた (37)、満たされた (1)、完全な (8)、与えられた 完全に (1)、完全に与えられた (1)、満足した (1)、生きている (1)、集まった (1)、メッセンジャー (1)、マウント * (1)、マウントされた (1)、聖職者 * (4)、聖職者 * (4)、順序* (1)、オーバーフロー* (1)、オーバーフロー* (1)、合格 (1)、推定* (1)、リフレッシュ (1)、必須 (2)、満足 (1)、満足 (2)、セット(1)、設定(2)、スペース(1)}
The gold for things of gold and the silver for things of silver and for all manner of work to be made by the hands of artificers And who then is willing to consecrate his service this day unto the LORD
5 金は金製品のため、銀は銀製品のために、またすべて職人の手による仕事のために、捧げた。そこで、きょう、誰か、みずから進んでその手にあふれるほど、主に捧げる者はないだろうか。」

歴代誌第一29章3節 ☆

歴代誌第一29章3節 ☆

 

さらに、私は私の神の宮に愛情を注いでいるので、私が準備したすべてのものに加えて、私が持っている私自身の特別な宝、金銀を私の聖なる神の宮に捧げます。☆

 

さらに、私は私の神{複数形}の宮に愛情を注いでいるので{カル態}、私が準備した{ヒフイル態完了形}すべてのものに加えて、私が持っている{adv}私自身の特別な宝、金銀を私の聖なる神の宮に捧げます。☆{カル態完了形}
さらに、私は私の神の家に愛情を注いだので、私は聖なる家のために用意した何よりも自分の神の家に捧げた金銀という適切な財産を持っています。
Moreover because I have set my affection to the house of my God I have of mine own proper good of gold and silver which I have given to the house of my God over and above all that I have prepared for the holy house
3 そのうえ、私は、私の神の宮を喜ぶあまり、聖なる宮のために私が用意したすべてのものに加えて、私の宝としていた金銀を、私の神の宮のために捧げた。
ダビデは熱烈に主の宮を愛しています。

歴代誌第一29章1節

歴代誌第一29章1節

 

そしてさらに、ダビデ王は会衆全員にこう言いました。
「神がただ一人選ばれた我が子ソロモンはまだ若く、経験もなく、その働きは大きい。なぜなら、宮殿は人間のためのものではなく、主なる神のためのものだからである。

 

そしてさらに、ダビデ王は会衆全員にこう言いました。{カル態未完了形}
「神{複数形}がただ一人選ばれた我が子ソロモンはまだ若く、経験もなく、その働きは大きい。なぜなら、宮殿{城}は人間のためのものではなく、主{YHWH}なる神{複数形}のためのものだからである。
1 次に、ダビデ王は全集団に言いました。
「わが子ソロモンは、神が選ばれたただひとりの者であるが、まだ若く、力もなく、この仕事は大きい。この城は、人のためでなく、神である主のためだからである。